貴方とその大切な家族を守るために健康保険組合があります。

日本交通健康保険組合

特定健診

対象者

40歳〜74歳の被扶養者の方(4月1日現在、扶養の方)

健診日当日に健康保険の資格を喪失されている方は、基本検査を含め、すべて自己負担となりますので、ご注意ください。

健診を受診する場所について

  1. 特定健診実施会場で受診
  2. 最寄の病院(かかりつけ病院)で受診
  3. 健診提携病院(全国)でので受診

上記の3つから、自分で自由に選択できます。

『特定健診』受診のおすすめとご案内

@ 特定健診実施会場で受診の場合

申込用紙は4月中に被保険者に発送します。

お住まいの近くで、手軽にしかも短時間で受診できること

首都圏の80会場で駅から歩いて行ける公共施設等で実施いたします。

基本検査(無料)

受診費用は、当健康保険組合が負担致します。(オプション検査を除く)

検査項目を選択出来ること(有料)

基本検査項目と選択項目(胸部X線検査・胃部X線検査・子宮細胞診検査・便潜血検査・乳がん検査・腹部超音波・骨密度検査・眼底検査・頸動脈超音波)があり、自由に選べます。

申込方法

1. 実施期間5/23(水)〜11/8(木)まで
2. 会場「特定健診実施会場一覧」より選択する
3. 締切日受診日の1ヶ月前(必着)
4. 提出方法「特定健診申込票」に記入の上、同封の封筒にて発送する
5. 受診票発行申込票が届き次第順次発送予定(下記医療機関より)
6. 委託健診機関一般財団法人 産業保健研究財団

受診予定日にご都合が悪い場合、電話連絡にてお気軽に受診日の変更が可能です。

5月〜7月受診希望の方は、5月に受診票等が届きます。

9月〜11月受診希望の方は、8月に受診票等が届きます。

検査項目と目的

基本項目(無料項目)
身体計測身長・体重から体格指数を算出します。無料
血圧測定血圧測定 高血圧による動脈硬化のリスクを判定します。
腹囲測定腹囲値により内臓脂肪蓄積のリスクを判定します。
検尿(早朝尿)糖尿病ならびに、腎〜泌尿器系の異常を調べます。
心電図検査心臓の筋肉の異常、不整脈などを調べます。
血液検査(21項目)貧血など血液そのものと、肝臓・膵臓・腎臓等の異常を調べます。
診察医師の聴打診、既往歴、現症状等の問診
健康相談主に前回結果を基に、個別に相談・指導を実施(希望者のみ)
選択項目(有料項目)
胸部X線検査結核など肺の異常を主に調べます。¥1,000
胃部X線検査バリウムで造影し、胃潰瘍やポリープ、胃がん等を調べます。¥3,800
子宮細胞診検査
(容器採取法)
子宮頸部の細胞を調べ、子宮頸がんをスクリーニングします。。¥3,100
便潜血検査消化管の出血を調べ、大腸がんをスクリーニングします。
男女問わずお勧めです。陽性の方は必ず大腸内視鏡を受診して下さい。
¥1,800
乳がん検査
(超音波法)
超音波画像により、乳がん等乳腺疾患をスクリーニングします。
女性の方全般にお勧めします。
¥4,000
骨密度検査
(超音波法)
超音波で骨密度に相関する値を測定し、骨粗しょう症をスクリーニングします。
特に高齢の方にお勧めします。
¥1,000
腹部超音波検査超音波画像により、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓を調べます。¥4,500
眼底検査
(両眼撮影)
眼底写真により、動脈硬化の度合いと、眼底の異常を調べます。
高血圧・糖尿病・脂質異常など基礎疾患がある方にお勧めします。
¥1,500
頸動脈超音波検査超音波画像により、頸動脈の動脈硬化とその度合いを調べます。高血圧・糖尿病・脂質異常など基礎疾患がある方にお勧めします。会場実施一覧で、実施会場をご確認ください)¥3,200

A 最寄の病院(かかりつけ病院)などで受診する場合(特定健診補助金制度)

全額自己負担で受診し、受診費用を(補助金上限7千円)までを後で支給してもらう

受診票の健保指定の検査項目、および問診票をすべて記入して頂く必要があります。

B 提携病院(全国)での受診する場合

自己負担はありません。検査内容は特定健診項目に固定となります。

ご不明な点はお電話でお気軽にお問い合わせください。

所在地

  • 住所:〒130-0026
    東京都墨田区両国4丁目5番9号
  • 電話:03-5638-5847
  • FAX:03-3846-5877
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 公式サイトURL:
    http://www.nihonkotsu-kenpo.jp/